最新記事 Recent Posts

2013年11月3日日曜日

Google+プロフィール・ページのURLがカスタムURLになりました

Google+のプロフィール(個人ページ)やGoogle+ページのURLには21桁の数字(先着順)が付けられています。

例えば私の場合ですと、

https://plus.google.com/104063752932261093687/posts :Google+プロフィール
https://plus.google.com/112039346106409944517/posts :Google+ページ

といった具合です。

この数字部分を分かりやすい文字列に変えたURLを「カスタムURL」と呼ぶそうですが、先月末(10/30)から、ある一定の条件を満たしていれば一般ユーザーでも取得可能になったようです。(今まではごく限られた一部のユーザーのみが対象でした。)




利用条件は以下の通り。

  • ユーザーの利用資格:
    フォロワーが 10 人以上いる
    アカウントを 30 日以上利用している
    プロフィール写真
  • Google+ ローカル ページの利用資格:
    確認済みのローカル ビジネスであること Must be a verified local business
  • Google+ ローカル ページ以外の利用資格:
    ウェブサイトにリンクしていること

ご覧のようにそれほど厳しい条件ではありませんね。

プロフィールの場合は「プロフィール写真」を登録しておく必要がありますが、必ずにも実際の「顔写真」である必要はありません。こちらのサイトにあるように、イラスト他の画像を「顔写真として」タグ付けしておけば良いようです。

Google+ページの場合は、「基本情報」タブ内の「ウェブサイト」欄に自分のホームページ・ブログ等のURLを登録しておいて下さい。





これらの条件を満たしているとGoogleから以下のようなメールが送られてきます。

2013年10月1日火曜日

YouTubeチャンネルをGoogle+ページに接続しました


年末にかけてYouTubeのコメントシステムが一新されるようです。今までのようにYouTubeアカウント名でコメントするのではなく、YouTubeチャンネルに接続したGoogle+プロフィール名(またはGoogle+ページ名)で投稿するようになるようです。

これによって、コメントの公開範囲を自分のサークル内に限定したり、特定のユーザー宛に@で送ったりすることが可能になるそうです。


暫く前から、YouTubeページをブラウズしていると、チャンネルをGoogle+に接続するように促すポップアップウィンドウ(上図)が度々表示され、その度に無視して閉じるのが面倒だったのですが、そういうことだったのですね。

今のところSNSとして今一つパッとしないGoogle+ですが、Google+の投稿よりも数が多い(アクテイブユーザーが多い)と思われるYouTubeコメントを取り込むことによって、利用がより促進されるかも知れませんね(;・∀・)

YouTubeはYouTubeとして単独で使いたいのですが、グーグルがそういう方針なら従わない訳にもいきません(´・_・`)

・・・ということで、早速YouTubeチャンネルをGoogle+に接続してみました。

2013年3月10日日曜日

YouTubeチャンネルページを新デザイン 「One Channel」 に移行

先日、YouTubeの新デザイン「One Channel」が全てのユーザーに開放されたのを機に、早速自分のチャンネルデザインを変更してみました。

・旧デザイン


・新デザイン


一見して分かるように、「One Channel」チャンネルページのデザインは「トップページ」や「トピックページ」などのデザインと統一・融合が図られています。左カラムに(トップページと同じ登録チャンネルなどへの)リンク一覧が表示されるようになっており、トップページや動画再生ページなどと同じ操作感覚で閲覧出来るようになっているのが特徴です。(逆に言うと、各チャンネルの独自性が失われたということでもありますが…。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...