最新記事 Recent Posts

2011年5月27日金曜日

YouTubeの言語設定、国・地域設定と検索結果順位

YouTubeの設定に「言語」と「国や地域」があります。

普通は「日本語」と「日本」に設定している人が多いかと思います。

(変更はYouTubeページ下部にあるリンクから出来ます。)


言語設定

「国や地域」設定


言語設定の注意書きには、

YouTube での表示言語を選択してください。この設定で変更されるのはインターフェースのみで、コメントなど、ユーザーが入力した文字は変更されません。

とあります。また、「国や地域」設定の注意書きには、

どの国/地域のコンテンツ(動画とチャンネル)を表示するかを選択できます。この設定を変更しても、YouTube の表示言語は変更されません。

とあります。

これだけ読むと、「日本語」/「日本」に設定した場合は、日本国内の(チャンネル(=アカウント所有者)の「国」が「日本」に設定された)動画が「日本語」インターフェースで表示される、と考えられます。

言語設定を(例えば「英語」に)変更しても、変わるのは(メニューなど)インターフェース言語だけで、表示される動画は変化しない、と思われますが・・・


・・・実は、言語設定が動画検索結果に大きく影響します。

例として、下に、「国や地域」を「地域指定なし(Worldwide)」に設定し、言語設定を日本語およびEnglish(US)にした場合の、キーワード「shinkansen」での検索結果を示します。

「Worldwide」な全ての動画が表示対象で、変化するのはインターフェース言語だけなので、順位は同じになる筈ですが・・・


言語設定が「日本語」の場合

言語設定が「English(US)」の場合


一部共通する動画はありますが、言語設定によって順位が大きく変わってくることが分かります。

海外の視聴者が見ている検索結果を知るためには、国・地域設定を変えるだけでなく、言語設定も適宜変更する必要があるわけですね。。。メンドイ(´・ω・`)

自分の新幹線動画を、より沢山の海外の視聴者に見てもらうためには、言語設定が「日本語」のまま「shinkansen」検索していてはダメで、「English」に変更したときの検索順位を見ないとイケナイのね・・・
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...